おこめのクレヨン standard

ブランド:mizuiro inc.

¥2,500(税別)
数量
キャンセル・返品についてはこちら

おこめを使った国内生産で安心のクレヨン

おこめのクレヨンは、お米を精米する際に採れる「米ぬか」を絞った米油とライスワックスが主成分のクレヨンです。顔料は食用色素を採用しているので、万が一口に入れても安全な素材で出来ています。発色が鮮やかで色数も豊富なので、初めてのクレヨンとしてギフトにもおすすめです。

ママの気づきから生まれたクレヨン


青森のデザインメーカーmizuiro株式会社。作ったのはお子さんをもつママさんです。お子さんがクレヨンを使っている様子を見て、口に入れても安全なクレヨンの制作に取り組んだそうです。
その思いを受け継いで製造しているのは名古屋の老舗クレヨンメーカー。新たな発想と職人の力で作られているクレヨンです。

2017年新デザインに生まれ変わりました


旧おこめのクレヨンからリニューアル!姉妹品の「おやさいクレヨン」では表現出来ない「青」や「赤」など、発色も良く生まれ変わりました。定番の色が揃っているので、色のお勉強にもおすすめです。

描き心地もなめらかなので、力の弱い小さなお子様もしっかりお絵描きが出来ますね。


プレゼントにもおすすめ


1歳を過ぎた頃から、クレヨンを握ってお絵描きが始まります。最初は画用紙に叩き付けたりしながらも、だんだんとお絵描きが上手になって行きます。おこめのクレヨンの鮮やかな色彩はそんな小さなお子様の色への興味を引き出します。お絵描きをしながらたくさんの色と出会ってもらいたいですね。

1歳のお誕生日に、初めてのクレヨンとしてプレゼントしてみてはいかがですか?もちろん入園、入学のお祝いにもおすすめです。


アジア限定のパッケージデザイン賞 TOPAWARDS ASIAを受賞。
平成29年度全国発明表彰において「可食性クレヨンの製造方法」の特許で「東北経済産業局長賞」を受賞。

使ってみたレポート
初めてのクレヨンにおすすめ
お子さまをお持ちのご家庭でしたら、最低1つはお持ちなのがクレヨンではないでしょうか? 我が家には、子どもが1歳ごろに購入した3種類のクレヨンがありま...
2018-04-24 15:16:59
お子さまをお持ちのご家庭でしたら、最低1つはお持ちなのがクレヨンではないでしょうか?

我が家には、子どもが1歳ごろに購入した3種類のクレヨンがあります。
某キャラクターのミツロウで出来たクレヨン、赤ちゃんでも持ちやすいクレヨン、水で落とせるクレヨンの3種類なのですが、実はどれもあまり活躍しなかったのです。



それはなぜかと言いますと…色が薄く感じてしまうのです。小さな子どもは筆圧が弱いのか、上手にお絵かきが出来なかったのです。

白い紙にあまり色がのらず、なんか薄いな〜と感じてしまっていました。
子どもも、描いたはずなのにあんまり描けてないと思うようで、クレヨンよりも色がはっきりしていて
弱い力でしっかり描ける水性ペンでのお絵かきがお気に入りになりました。



そんな経験があったので、「おこめのクレヨン」を知った時も、このきれいな色が子どもの筆圧でちゃんと描けるのか若干心配でした。試しに紙に描いてみると…さっと描き心地も軽く、きれいに描けるではないですか!

店頭で1〜2歳くらいのお子さんに試し描きをしていただいても、みんな上手にお絵かきができて嬉しそうでした。
もっと早く知っていたら、クレヨン選びに苦戦しなかったのに…(悔しい…)

 
 

職人さんによる確かな品質


メーカーさんの説明を見てみると、口に入れても安心な素材と名古屋の老舗クレヨン職人が手掛ける確かな品質が、この書き心地と発色の良さを実現させているとのこと。描いてみて納得です。



定番色が16色!


定番の色が16色もそろっているので、色に興味を持ち始めたお子さんには
たくさんの色に触れ合える、お勉強アイテムとしてもいいですね。

ちなみに、うちの娘はなぜかクレヨンも水性ペンも絵具も青しか使わないという不思議な時期がありました。
お子さんと一緒にたくさんお絵かきすることで、好みや癖なんかもわかってくるかもしれませんね。

そろそろクレヨン持たせてみようかな?とお考えのお母さん、一度使ってみてください!
クレヨン選びに失敗したからこそ、とってもおすすめなクレヨンです!

商品はこちらから→おこめのクレヨン
■ 商品インフォメーション
ブランドmizuiro inc.
サイズW14cm×H20.3cm×D2cm
素材ライスワックス、顔料
カラー(柄)灰色 白 水色 青 紫 緑 黄緑 黄色 薄橙 橙色 赤 桃色 黄土色 茶色 焦茶色 黒
生産国日本
ーmizuiro株式会社についてー水の色は無色透明ですが、私達のイメージでは青い色です。 そんな水色(mizuiro)のように、新しい価値観の創造と、 親子で楽しめる時間をデザインする企業、 それがmizuiro株式会社 (mizuiro.inc)です。